変形性股関節症、ピラティス」タグアーカイブ

 
        
              

身体の使い方を変えるにはコツコツ継続すること


 

10年以上前からこちらで週一でピラティスとジャイロトニックのレッスンを受けています。もともと変形性股関節症で、途中で両足の股関節の手術をしました。手術を決めたのも、インストラクターの先生が理学療法士なので色々相談できたことと、だんだん体幹が強くなって身体の使い方が変わってきたので、手術を決めた時も心強かったです。手術の後もすぐにピラティスのレッスンに復帰して、股関節の痛みがなくなって今までできなかったことができるようになり、バレエも始めました。
10年経って、股関節のためにはピラティスをやってきて本当によかったですし、もっと変われるなと希望が持てます。そして、身体にとっての良い動きを実感できるようになるにはコツコツと継続することが必要だなと改めて思います。