理学療法士のインストラクターによるプライベートレッスンが受けられる、マシン完備のピラティススタジオ
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-3952-5580
受付10:00~20:30(日曜は17:00まで)木曜定休
レッスン中は留守番電話になります
公開日:2015年6月1日
最終更新日:2015年6月4日

 この記事は約 2 分で読めます。

昨日の日曜日の夕方、指導者向けのワークショップ「セラバンドを使用したマットエクササイズ」を開催しました!

『肩甲帯のエクササイズを中心に』というテーマで、90分間の短いワークショップでしたが、皆さんにはたっぷり動いていただきました。

場所を選ばず、手軽にできるセラバンドのエクササイズですが、インストラクターからも「バリエーションをもっと知りたい!もっと活用したい!」とのリクエストが意外に多いのです。

今回は、大まかに3つのパターンに分類して紹介しました

まず1つ目は立位で行う、軽い肩甲骨周りの筋肉を調整するエクササイズ
負荷は弱目で、いろいろな方向に動かしながら肩関節、肩甲骨の柔軟性を高めます
セラバンンドの程よい抵抗感が、筋肉のコントロールをわかりやすく導きます

そして、普段のおなじみのマットのエクササイズ。
セラバンドの抵抗や補助を利用して行うことで、いつもの部位をフォーカスしたり、
あるいはいつもと違うところに意識ができたり。
特にうつ伏せで行うパターンは種類は少ないですが、
確実に肩甲骨を安定させる意識がわかりやすくなる!との声が。

そして、トラピズテーブルのポールにひっかけておこなう、
ダイナミックな動きが中心のパワーアップのエクササイズ。
特に胸椎伸展の動きを伴うエクササイズは、胸筋が伸ばされ開放感抜群です!

抵抗感を微調整できるので安全にできるのが嬉しいです。
他にもたくさん、応用できそうですね!

th_IMGP1619

 

 

 

 

 

 

 

th_IMGP1618

 

 

 

 

 

 

 

また、今後もこのような実技中心のミニワークショップを企画していきます。
こんなテーマで、あるいはこんなことに困っている、
どんどんリクエストしてみてくださいね!

Thank you for reading!
Yumiko

この記事の著者

springs pilates studio
記事一覧

著者一覧