理学療法士のインストラクターによるプライベートレッスンが受けられる、マシン完備のピラティススタジオ
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-3952-5580
受付10:00~20:30(日曜は17:00まで)木曜定休
レッスン中は留守番電話になります
公開日:2016年6月17日

 この記事は約 3 分で読めます。

先週土曜日に開催したイベントレッスン「カーディオリフォーマー」の報告です。

カーディオリフォーマーは、ふだんのリフォーマーグループレッスンよりも有酸素運動としての効果を高めたクラス。
全身運動の要素の強いシンプルな動きで、負荷をあまり重くせずに回数を増やし、
エクササイズの間の時間をなるべく少なくして、できるだけ連続して動きます。

イベントとしては初めての試みのクラスです。
まず、最初はストレッチや呼吸を意識して、ウオーミングアップを少し。
そして、カーディオのパートをできるだけ効果的に進めるために、
ビギナーレベルのエクササイズを中心に6つだけ選び、ポイントや注意事項の説明を聞きながら動きを確認。
スプリングも自分で変えられるよう、強さもこの時に決めてもらいます。

いつもプライベートやグループレッスンでおなじみのエクササイズばかりです!
見ると、ああいつもやってるやつ!って感じです。

IMG_0026

 

 

 

 

 

 

 

約30分間のカーディオパートのスタートです!
軽快なミュージックに乗せて、どんどん進めていきます。
でも先ほど確認した動きなので、しかもおなじみの動きばかりで、みなさんとてもスムーズに、動きに集中しています。

そして、カーディオといえば、このジャンプボード。
膝や足首への負担が少ない状態でジャンプしながら様々な動きができて楽しいエクササイズです。
大切なのはコアの筋肉で腰をしっかりサポートすること。
腰の部分の意識をすることで、腹筋の強化にも効果的なのです。

IMG_0031_1

 

 

 

 

 

 

 

ウェイトを持って、負荷をかけながら、動きも徐々に大きくしながら。

ぽんぽんと、軽やかなみなさんのジャンプボードを蹴る音が響きます。
足の指や足首、膝をしなやかに使う、基本的なエクササイズを積み重ねることで、きれいなジャンプができるようになります。
実際のスポーツで多い、着地の際に起こる足関節の捻挫や、膝の靭帯損傷や半月板損傷。
下半身だけでなく全身の体の使い方を意識することで、このような障害を予防します。

さて、心拍数もあがって「疲れた〜」の声が聞こえてきます。
最後はリフォーマーを降りて、スクワットやランジなどのエクササイズで、さらに汗!

IMG_0028_1

 

 

 

 

 

 

 

クールダウンしながらストレッチで、75分のカーディオリフォーマーのクラス終了です!
連続して動くことは、ふだんのクラスではないのですが、みなさんすごく動けていました!
皆様の、レッスンを継続していただくことでの成果を実感しました。

また、これからも楽しいイベントをどんどん企画していきますので、お楽しみに!

Thank you for reading!
Yumiko

この記事の著者

springs pilates studio
記事一覧

著者一覧