理学療法士のインストラクターによるプライベートレッスンが受けられる、マシン完備のピラティススタジオ
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-3952-5580
受付10:00~20:30(日曜は17:00まで)木曜定休
レッスン中は留守番電話になります

 

dsc_0016_25953-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

骨粗鬆症の方、高齢者の方へ

骨粗鬆症が問題なのは、気付かないうちに進行していくことと、骨折が寝たきりの原因になってしまうこと。今、適切な運動の継続が望まれています!

 

骨粗鬆症ってどんな病気?

 

osteo骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは、骨の量が減ってスカスカになり、骨折をおこしやすくなっている状態、もしくは骨折をおこしてしまった状態のことをいいます。

骨粗鬆症の椎骨は、”す”のはいった大根のように内部があらくなった状態です。

私たちの骨は18歳ごろをピークに、年をとるごとに少しずつ減っていきますから、骨量の減少それ自体は生理的現象ともいえます。

そこで、骨量が2~3割も減り、骨の構造が弱くなって、その結果として骨折を起こしやすくなった状態ではじめて骨粗鬆症という病名がつくのです。

(写真はIOFウェブサイトより引用)

 

どんな症状?

骨粗鬆症はSilent Disease(静かな病気)と言われるように、本人が気付かないうちにじわじわと進行していきます。

最近背中が丸くなって来た、身長が縮んで来たことに気付いたり、背中の痛みを感じて病院を受信して初めて脊椎の圧迫骨折を発見し、骨粗鬆症と診断されるケースが多いようです。

あるいは、転んだだけで簡単に骨折してしまうのも特徴です。

Q1-2-1

 

 

 

 

 

 

日本骨粗鬆症財団ウェブサイトより引用

 

なぜ骨粗鬆症になるの?

身体の細胞と同じで、丈夫でしなやかな骨を保つためには、古い骨を壊し、たえず新しい骨に作り変える必要があるのです。 これを骨代謝といいいます。

骨粗鬆症は、骨代謝のバランスが悪くなり、骨からカルシウムが徐々に減り、骨の構造そのものが荒く弱くなってしまう状態です。女性に多いのは、更年期を過ぎると骨をつくるホルモンが急激に減ってしまうからなのです。

 

なぜ骨粗鬆症がこんなに問題になっているの?

骨粗鬆症になると背骨の圧迫骨折により痛みが出たり、転んだだけで手足を骨折してしまい、日常生活に支障をきたします。それが活動性の低下につながり、外出できなくなる、寝たきりに至ることも。

寝たきりの原因の第1位が脳卒中、第2位が老衰、第3位が骨粗鬆症による骨折であることから、高齢社会が抱える問題の1つとなっています。

どうすれば予防できるの?

骨粗鬆症になりやすい遺伝や病気など避けられない要素もあります。しかし、生活習慣で気をつけることや、栄養の取り方、適切な運動によって少しでも危険因子を減らしていくことが出来ます。

国際骨粗鬆症財団(IOF)の新骨粗鬆症リスク1分間テストという、簡単にチェックできるものがありますので、興味のある方は試してみて下さい。

どのような運動をすればよいの?

骨に繰り返し衝撃を加えることで骨を強くすることがわかっています。しかし、ジャンプやエアロビクス、ランニング等は関節への負担がかかるため、継続するのが難しくなります。

無理に激しい運動をするよりも、ウオーキングや軽い体操等を無理なく習慣としておこなうことで効果が期待できます。

そして大切なのは、
背骨を良い状態に保つため姿勢を改善すること。
転倒しないようにバランスを向上させること。
そして骨折を避けるための日常生活でのカラダの使い方を覚えること。

骨粗鬆症にピラティスは効果があるの?

ピラティスにはコアの筋肉、足腰の筋力、姿勢を良くするための背筋群を鍛え、姿勢を改善するエクササイズがたくさんあります。

しかし、骨粗鬆症の場合は背骨を曲げたり強く回旋するエクササイズを避けなくてはいけません。

背骨を強く曲げたり回旋させる方向で脊椎の圧迫骨折をおこすリスクがあるからです。

ピラティスがよいからといって、若い人の多いグループレッスンで一緒におこなうには無理があります。

骨粗鬆症について熟知した指導者の元で、レッスンを受けて頂くのが一番良いと思われます。

ピラティスのレッスンを受ける場合は、骨粗鬆症であること、あるいはその心配があることをしっかり指導者に伝えましょう。

 

骨の健康に関心を持ちましょう!

40歳から自治体の骨粗鬆症検診を5年刻みで受けることが出来ます。また医療機関でも骨量の測定が簡単に出来ます。

自分の骨の状態を知り、骨の健康のための生活習慣、運動習慣を身につけて、寝たきりにならない元気なカラダづくりを!

この文章はこちらのウェブサイトを参考に作成しました 日本骨粗鬆症財団ウェブサイト

 

スプリングスの骨粗鬆症へのアプローチは…

体験レッスンの時に必ず骨粗鬆症の有無をお聞きしています。

また、その可能性があると思われる場合は、医療機関で骨密度の検査を受けていただくことをお勧めしています。

レッスン中の転倒には十分気をつけ、骨粗鬆症について熟知したインストラクターが、安全にエクササイズを進めていきます。

また、骨粗鬆症講座をとおして、一般の方への骨粗鬆症についての理解を深めていただく機会を設けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-3952-5580
受付10:00~20:30(日曜は17:00まで)木曜定休
レッスン中は留守番電話になります